ハイヤーとタクシーとの違いとは

ハイヤーとよく比較されるのがタクシーです。車両を運転する人がいて、乗客を目的地まで運んでくれる、その流れは一緒ですが、詳細については多くが違っています。双方の違いは意外と知られていません。ハイヤーは利用したいと思ったときに、予約をしなければならないという完全予約制です。普段から頻繁に利用されている方の送迎であれば、わりと柔軟に対応することもできるかもしれませんが、できれば早めの予約が望ましいでしょう。特に、サプライズを企画している場合は余裕を持って予約しなければ、最高のサプライズが行えないかもしれません。プランナーやスタッフが準備するものもありますし、サプライズの場合は要となるのが打ち合わせなので、ここに重点を置きます。

また、料金にも違いがあります。一般的にハイヤーはタクシーと比べると割高なのは否定できません。使われている車両も国内外の高級車のみであり、車内空間はとにかく広々としています。車内サービスでWi-Fiサービスやドリンク、お菓子なども準備されていますし、プランナーは英語をはじめとし外国語が堪能です。ドアを開けてくれたり、セレブになったかのようなサービスをしてくれるので料金がタクシーよりも割高なのは当然と言えます。

料金については、ハイヤーはタクシーのようにメーター方式ではありません。その多くは最低ラインを定めているのみで、どのくらいの距離を移動するのか、どのくらいの時間プランナーが業務に当たるのかなどが考慮され、見積もりが出されるという仕組みを取っています。予約時の打ち合わせで決めていくのが一般的であるため、はっきりとした金額設定はできません。だからこそ、サプライズ演出などのプランニングにも応えてくれるのです。ハイヤーはただ送迎するだけではなく、他の要素が割合として大きいように感じます。英会話をはじめとする外国語やサプライズ、観光案内などがあります。

さらに、ハイヤーのプランナーは若い女性が活躍しています。タクシーでも若い女性は活躍していますが、割合を考えるとハイヤーのプランナーほどではありません。その多くは大学を卒業して、新卒で入ってきたメンバーであり、語学力堪能で運転技術の高い女性ばかり。ハイヤーのプランナーは、語学力だけではだめですし、運転技術だけでも成立しません。高いコミュニケーション能力が必要であり、上質な接客スキルが求められます。元職がタクシーの運転手をしていたという方も多く、語学力を高められて転職されるパターンも見られます。