ハイヤーのプランナーに求められる資質について

ハイヤーを一度利用してみると理解できるのですが、プランナーはマニュアルに添ってサービスをしているだけではありません。もちろん、会社としてのマニュアルは当然存在するのですが、ゲストの気持ちに寄り添って先読みしたサービスをしてくれます。マニュアルにはないサービス、その多くはプランナーが独自で考えたものです。たとえば、外国からのゲストで日本人であり、数年ぶりの帰国であれば、日本らしいおにぎりを車内サービスで提供するというようなサービスです。このようなサービスはサービスする側の自己満足ではなく、される側の立場に寄り添ったものであり、どうすることが喜ばれるのかを考えて決められているようです。打ち合わせ時のゲストの情報から決めていくとのことで、ゲストに準備しているという告知があるわけではありません。ちょっとしたサプライズ要素があるため、ゲストから喜ばれています。そのことが、さらにプランナーをやる気にさせているのでしょう。

かゆいところにふと手が届くようなサービスを何気なくできる資質がプランナーには必要とされています。秘書検定のような資格を取ることも大事ですが、最終的に求められるのはその人のやる気と心遣いであり、人間性です。あらゆる情報から、どのようなサービスをするのか決めていく決断力も必要です。そのためには、日ごろからあらゆる情報を入手して、さまざまなことに精通していることも必要です。

どのようなゲストが利用されるのかわからないため、あらゆることに最低限度の知識がなければ会話そのものが成立しないと言えるでしょう。なかには、車内であまり会話をしたくないという人もいます。そのような場合に、適度な距離感で接することができなければなりません。大事なのは空気を読む能力かと思われます。ハイヤーは車両そのものが全長も長い車両なので、運転技術も求められます。しかし、運転については場数をこなすことが技術を高めるためには一番の近道であり、高い技術を持っていても運転する機会のない人は技術力が低下してしまいます。どのくらい短い期間で免許を取った、点数を取ったよりも場数の方が大事になってきます。会社での研修もあるため、この点においてはそこまで心配はないようです。ハイヤーサービスを提供している会社はゲストの命を運んでいる意識が強いので、研修制度に手抜きはなく、特に安全運転についてはしっかりと研修が行われます。だからこそ、私たちも安心してハイヤーを利用できるのです。